2012年のベスト5



2012年に読んだ本の個人的ベスト5です。
本が出版された年とは関係なく,2012年に僕が読んだ本の中でのランキングです。



順位
作品
感想
1位 天使のナイフ 歴代江戸川乱歩賞では屈指の面白さ。少年法について考えさせられるとともにミステリとしての面白さも追求した作品である。 詳細
2位 檻の中の少女 ハッキングとかコンピュータ犯罪が出てくる類の本。この手の小説は個人的に好きなので上位に。 詳細
3位 暴行 外国作品が入る事は珍しいが、、。CWA賞受賞の本書は1964年に実際に起こった事件をモチーフにしている。 詳細
4位 ZOO 乙一さんの中では有名な作品。ホラー短編集だがどれも味があって面白い。映画化もされている。 詳細
5位 再生巨流 最後はちょっと変わったのを。ミステリーではなく経済小説。楡さんの作品を最後に読んだのは学生時代と、随分と遠ざかっていたが本書で著者を再評価した。 詳細

2012年の全読了本はこちら


back
top