蝦夷地別件

書名蝦夷地別件
作者船戸与一
出版社新潮社
発売日1995/5
単行本上巻 573ページ 下巻 608ページ

[本の紹介](「BOOK」データベースより)

時は18世紀末、老中・松平定信のころ。 蝦夷地では、和人の横暴に対する先住民の憤怒の炎が燃えあがろうとしていた。 この地の直轄を狙い謀略をめぐらす幕府と、松前藩の争い。 ロシアを通じ、蝦夷に鉄砲の調達を約束するポーランド貴族―。 歴史の転換点で様々な思惑が渦巻いた蝦夷地最大の蜂起「国後・目梨の乱」を未曾有のスケールで描く、超弩級大作。 日本冒険小説協会大賞受賞。

[評価]:★★★

この本をどう思いましたか?

良い 投票数:
0
普通 投票数:
0
ダメ 投票数:
0


関連ページ:
砂のクロニクル
船戸与一
★★★★★
流沙の塔
船戸与一
★★
海燕ホテル・ブルー
船戸与一

かくも短き眠り
船戸与一
★★
龍神町龍神一三番地
船戸与一

夜のオデッセイア
船戸与一
★★★
伝説なき地
船戸与一
★★★★★
猛き箱舟
船戸与一
★★★★★
山猫の夏
船戸与一
★★★★
蟹喰い猿フーガ
船戸与一
★★★
緑の底の底
船戸与一
★★★
蛮賊ども
船戸与一
★★
虹の谷の五月
船戸与一
★★★
午後の行商人
船戸与一
★★
祖国よ友よ
船戸与一
★★★
国家と犯罪
船戸与一

血と夢
船戸与一
★★
緋色の時代
船戸与一
★★★
神話の果て
船戸与一
★★★
銃撃の宴
船戸与一

黄色い蜃気楼
船戸与一
★★
非合法員
船戸与一
★★
群狼の島
船戸与一
★★★
カルナヴァル戦記
船戸与一

新宿・夏の死
船戸与一
★★
金門島流離譚
船戸与一

藪枯らし純次
船戸与一

夢は荒れ地を
船戸与一
★★★★
三都物語
船戸与一
★★★
メビウスの時の刻
船戸与一

諸士乱想
船戸与一
★★
炎 流れる彼方
船戸与一
★★
蝕みの果実
船戸与一
★★★
降臨の群れ
船戸与一
★★★
夜来香海峡
船戸与一
★★★
蝶舞う館
船戸与一
★★
河畔に標なく
船戸与一
★★★
風の払暁 満州国演義1
船戸与一
★★★

takeshi3017の書庫の更新情報

作品
作者
船戸与一
更新
2022 年 1 月 24 日 月曜 16 時 40 分 00 秒
概要
麻布の名家に生まれながら、それぞれに異なる生き方を選んだ敷島四兄弟。奉天日本領事館の参事館を務める長男・太郎、...>>続き
評価
★★★
感想
面白い
作品
作者
直木孝次郎
更新
2022 年 1 月 17 日 月曜 23 時 07 分 00 秒
概要
飛鳥に根拠をおいた天皇家は、豪族から一段優位な地位を確保しつつ統一国家を組織してゆく。大化改新、壬申の乱など緊...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
井上光貞
更新
2022 年 1 月 17 日 月曜 22 時 45 分 42 秒
概要
謎にみちた日本民族の生成を神話学・歴史学・考古学の最新の成果によって解明、神話の中の真実を探り、女王卑弥呼を語...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
狩野祐東
更新
2021 年 12 月 30 日 木曜 16 時 49 分 12 秒
概要
JavaScriptをこれから始める人にも、前に挫折したことのある人にも。手を動かしてサンプルをひとつずつ作っ...>>続き
評価
★★
感想
普通
作品
作者
マークグリーニー
更新
2021 年 12 月 25 日 土曜 17 時 51 分 00 秒
概要
【グレイマン・シリーズ、怒濤の新章に突入! 】黒幕を倒し、CIAのグレイマン抹殺指令は解除された。彼はフリーラ...>>続き
評価
★★★
感想
面白い

コメント

コメントをどうぞ。(max=15)書き込めない時

名前:
mail(非公開):
url:
コメント:

半角で3017と入力してください。:
※必須

画像の英数字を半角で入力してください。:


※必須

この本についたタグ

冒険小説

暗殺者の飛躍(マークグリーニー)
★★★
暗殺者の反撃(マークグリーニー)
★★★
神の火(高村薫)
★★
河畔に標なく(船戸与一)
★★★
ハードボイルド

暗約領域 新宿鮫11(大沢在昌)
★★★★
絆回廊 新宿鮫10(大沢在昌)
★★★★
蝶舞う館(船戸与一)
★★
左手首(黒川博行)

熱いアクション

暗殺者の飛躍(マークグリーニー)
★★★
梟の城(司馬遼太郎)
★★
暗殺者の反撃(マークグリーニー)
★★★
暗約領域 新宿鮫11(大沢在昌)
★★★★

あなたの好きな作家

あなたが一番好きな作家を教えてください。
作家名を追加する場合「項目を追加する場合」を押してください。
投票をする場合、「選択」ボタンで選んで投票ボタンを押してください。
投票は一人につき一回にして下さい。
なおは必須項目です。
投票期間:2020/5/28~過去ログ

有効投票数: 9 件
選択順位著者名投票数
1米澤穂信2
22.2%
[一言]:
2帚木蓬正1
11.1%
[一言]:
2ジャック・ケッチャム1
11.1%
[一言]:
2綾辻行人1
11.1%
[一言]:
2村上春樹1
11.1%
[一言]:
2宮部みゆき1
11.1%
[一言]:
2恒川光太郎1
11.1%
[一言]:
2町田康1
11.1%
[一言]:
投票用コメント(一言あれば!):

半角で3017と入力してください。:
※必須

※必須



各年のbest5

2018年個人的1位

科学捜査ケースファイル

ヴァルマクダーミド: 著
化学同人: 刊

ノンフィクション。過去の犯罪は科学捜査によってどう暴かれたのか、を明らかにする科学捜査をめぐる200年の旅。事実は小説より奇なりとはまさにこの事か。
2018年個人的2位

栄光なき凱旋

真保裕一: 著
小学館: 刊

真保氏の本からしばらく遠ざかっていたが、本作品で再評価。在米の日系人が第二次世界大戦に巻き込まれる話。真保氏の作品のなかでもbest3に入る程、熱い。
2018年個人的3位

火定

澤田瞳子: 著
PHP研究所: 刊

歴史小説。このジャンルは大して読んでないのだが、非常に面白かったのでランクイン。奈良時代の天然痘の爆発的流行とそれに翻弄される人々を描く。タイトルは「火定入滅」という仏教用語から来ている。
2018年個人的4位

レッドゾーン

真山仁: 著
講談社: 刊

ハゲタカシリーズ3作目。今度の舞台は中国。巨大市場に立ち向かう鷲津。アラン・ウォードの死の真相も明らかになる。バイアウトが個人的にいまいちだった分、本作品は盛り返してくれたという個人的な感慨があった。
2018年個人的5位

シンパサイザー

ヴィエトタンウェン: 著
早川書房: 刊

ピュリツァー賞受賞にして皮肉に満ちた表現が冴えわたる文芸長編。ベトナム戦争が終結し兵隊たちがアメリカにこぞって帰還した頃のスパイの暗躍を描く。このミス2018年の10位にもランクインしている。

よく読まれている作家

船戸与一 38冊  30%
黒川博行 26冊  20%
東野圭吾 23冊  18%
大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編) 22冊  17%
大沢在昌 18冊  14%


感想などありましたらどうぞ。
以下のフォームより入力のうえ送信してください。
は必須事項です。

お名前:


性別:
男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

あなたのサイト:


返信 :


文字認証:
半角で3017と入力してください。


takeshi3017のブログ
放置なのか更新中なのかはっきりしない。


青葉@吉祥寺に行った
2022/01/18 20:14:36

2022年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、もう結構前の事なのだが1月1日に吉祥寺の青葉というラーメン屋に行った。中野の青葉...


マリトッツォ
2021/08/31 21:24:05

今話題のマリトッツォがファミマに売ってたので買ってみた。正式名称はクリームシフォン マリトッツォ風。  「話題のマリトッツォをイメージし...


紫陽花
2021/06/30 21:13:24

6月も終わり。梅雨という事で紫陽花の写真。家の近所に咲いていたものをパチッてみました。    下の2枚はあまり紫陽花...


二代目 げんこつ屋@阿佐ヶ谷に行った
2021/03/09 17:39:27

もう先月のことになるのだが阿佐ヶ谷にある「二代目 げんこつ屋」に行った。初代のげんこつ屋は家の近くの新高円寺にあって小中学生の頃によく食べに行っていた。&n...


ステーキマックス@新宿に行った
2021/01/26 01:04:54

どうもこんにちは。この前の1月17日、新宿で友人と遊んだのだが、その時友人が前から入りたかったお店というのに入った。 ガッツリ系の肉料理が食べたい...


はぐれ雲@後楽園に行った3
2021/01/02 00:32:11

新年あけましておめでとうございます。去年はコロナ禍で世界中大変でしたね。今年こそ少しでも良い年にしたいよね。 さて、昨年12月末に後楽園にあるはぐ...


1日遅れのメリークリスマス
2020/12/26 17:39:53

こんにちは。昨日がクリスマスだったんですけどいちんち遅れでクリスマス更新。なぜ遅れたかというと昨日はネットに繋がる環境がなくって。なので今日祝います。メリー...


はぐれ雲@後楽園に行った2
2020/10/17 18:35:52

もう先月末の事なのだが後楽園の祖父の墓参りに行った。その帰り、「はぐれ雲」というラーメン屋に入った。前回の墓参りにもよった店だ。(詳しくは前回の記事参照。)...


東京23区内の図書館 及び利用条件について
2020/08/23 00:15:50

こんにちは。自分は読書が趣味でよく図書館を利用するんだが、東京23区内の図書館は結構誰でも借りられる。 そういう事で自分用メモとして一応残しておく...


幡ヶ谷 心やに行った
2020/06/25 22:41:06

もうかれこれ3か月位前になるが幡ヶ谷の心やというラーメン屋に友人と行った。コロナで自粛自粛言われてて結構周囲の目がこういう飲食店に行かせるのをためらわせる位...


マークグリーニー(5) 山本博文(2) 相澤理(5) 司馬遼太郎(4) ジェフリーディーヴァー(3) 劉慈欣(3) 夏目漱石(8) 東野圭吾(10) 高杉良(3) 大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編)(22) 真山仁(11) 今野敏(5) 大沢在昌(5) 山崎圭一(2) 半藤一利(5) 江上剛(3) 高村薫(6) 相場英雄(2) 船戸与一(10) 黒川博行(12) 渡部昇一(12) ウィリアム・H・マクニール(5) 野澤道生(2) 後藤武士(11) 石川晶康(監修)/造事務所(編著)(2) 石黒拡親(4) 鶴岡聡(2) 村上春樹(6) 沼田まほかる(2) 河合敦(7) 本郷和人(3) 野島博之(2) 中島岳志(4) ユヴァルノアハラリ(2) 宮部みゆき(2) 石川晶康(2) 島田荘司(5) 竹内薫(2) 竹本健治(2) 雫井脩介(3) 綾辻行人(2) 楡周平(2) 佐々木譲(2) 貴志祐介(3) 稲葉振一郎(2) 

  1. 憲法と世論 (3PV)
  2. 風の払暁 満州国演義1 (2PV)