草祭

書名草祭
作者恒川光太郎
出版社新潮社
発売日2008/11
単行本260ページ

[本の紹介](「BOOK」データベースより)

団地の奥から用水路をたどると、そこは見たこともない野原だった。「美奥」の町のどこかでは、異界への扉がひっそりと開く―。消えたクラスメイトを探す雄也、衝撃的な過去から逃げる加奈枝…異界に触れた人びとの記憶に、奇蹟の物語が刻まれる。圧倒的なファンタジー性で魅了する鬼才、恒川光太郎の最高到達点。

[評価]:★★★

この本をどう思いましたか?

良い 投票数:
0
普通 投票数:
0
ダメ 投票数:
0


関連ページ:
夜市
恒川光太郎
★★★
秋の牢獄
恒川光太郎
★★★
竜が最後に帰る場所
恒川光太郎
★★★
南の子供が夜いくところ
恒川光太郎
★★
金色の獣、彼方に向かう
恒川光太郎
★★★
月夜の島渡り
恒川光太郎
★★
雷の季節の終わりに
恒川光太郎
★★★
無貌の神
恒川光太郎

takeshi3017の書庫の更新情報

作品
作者
佐藤進一
更新
2022 年 6 月 21 日 火曜 18 時 23 分 22 秒
概要
宿願の幕府打倒に成功した後醍醐天皇は、旧慣を無視して建武の新政を開始した。しかしそれは、もろくも三年にしてつい...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
碓井孝介
更新
2022 年 6 月 7 日 火曜 08 時 35 分 21 秒
概要
親の借金を相続したくない。借金があるのかもしれないけど、よくわからないので不安だ。相続放棄を考えているけど、手...>>続き
評価
感想
作品
作者
船戸与一
更新
2022 年 5 月 31 日 火曜 11 時 50 分 10 秒
概要
敷島兄弟は通化の地に集う。苦い再会だった―。満州国はわずか十三年で理想の欠片さえ失い、重い鉄鎖と化した。昭和二...>>続き
評価
感想
作品
作者
船戸与一
更新
2022 年 5 月 25 日 水曜 14 時 52 分 45 秒
概要
追ってくるのは宿命か、自らの犯した罪の報いか―。昭和十七年。南方作戦の勝利に沸く満州に、米軍による本土襲撃の一...>>続き
評価
感想
作品
作者
船戸与一
更新
2022 年 5 月 17 日 火曜 11 時 48 分 30 秒
概要
昭和十六年。ナチス・ドイツによるソビエト連邦奇襲攻撃作戦が実施された。ドイツに呼応して日米開戦に踏み切るか、南...>>続き
評価
感想

コメント

コメントをどうぞ。(max=15)書き込めない時
名前:
mail(非公開):
url:
コメント:

半角で3017と入力してください。:
※必須

画像の英数字を半角で入力してください。:


※必須

この本についたタグ

タグイメージ
タグアイコンホラー

無貌の神(恒川光太郎)

屍人荘の殺人(今村昌弘)
★★★★
死神の精度(伊坂幸太郎)
★★★★
草祭(恒川光太郎)
★★★
タグイメージ
タグアイコン短編集

夢十夜(夏目漱石)

失格社員(江上剛)
★★★★
四人組がいた。(高村薫)
★★★
左手首(黒川博行)

タグイメージ
タグアイコン面白い

離れ折紙(黒川博行)
★★★★★
蝉しぐれ(藤沢周平)
★★★★★
痺れる(沼田まほかる)
★★★★
タックスヘイヴン(橘玲)
★★★★★

あなたの好きな作家

あなたが一番好きな作家を教えてください。
作家名を追加する場合「項目を追加する場合」を押してください。
投票をする場合、「選択」ボタンで選んで投票ボタンを押してください。
投票は一人につき一回にして下さい。
なお※必須は必須項目です。
投票期間:2020/5/28~過去ログ

有効投票数: 9 件
選択順位著者名投票数
1米澤穂信2
22.2%
[一言]:
2帚木蓬正1
11.1%
[一言]:
2ジャック・ケッチャム1
11.1%
[一言]:
2綾辻行人1
11.1%
[一言]:
2村上春樹1
11.1%
[一言]:
2宮部みゆき1
11.1%
[一言]:
2恒川光太郎1
11.1%
[一言]:
2町田康1
11.1%
[一言]:
投票用コメント(一言あれば!):

半角で3017と入力してください。:
※必須

※必須



各年のbest5

各年のbest5画像
2012年個人的1位

天使のナイフ

薬丸岳: 著
講談社: 刊

歴代江戸川乱歩賞では屈指の面白さ。少年法について考えさせられるとともにミステリとしての面白さも追求した作品である。
各年のbest5画像
2012年個人的2位

檻の中の少女

一田和樹: 著
原書房: 刊

ハッキングとかコンピュータ犯罪が出てくる類の本。この手の小説は個人的に好きなので上位に。
各年のbest5画像
2012年個人的3位

暴行

ライアンデイヴィッドヤーン: 著
新潮社: 刊

外国作品が入る事は珍しいが、、。CWA賞受賞の本書は1964年に実際に起こった事件をモチーフにしている。
各年のbest5画像
2012年個人的4位

ZOO

乙一: 著
集英社: 刊

乙一さんの中では有名な作品。ホラー短編集だがどれも味があって面白い。映画化もされている。
各年のbest5画像
2012年個人的5位

再生巨流

楡周平: 著
新潮社: 刊

最後はちょっと変わったのを。ミステリーではなく経済小説。楡さんの作品を最後に読んだのは学生時代と、随分と遠ざかっていたが本書で著者を再評価した。

よく読まれている作家

船戸与一 47冊  35%
黒川博行 26冊  19%
東野圭吾 23冊  17%
大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編) 22冊  16%
大沢在昌 18冊  13%


prof画像

感想などありましたらどうぞ。
以下のフォームより入力のうえ送信してください。
は必須事項です。

お名前:


性別:
男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

あなたのサイト:


返信 :


文字認証:
半角で3017と入力してください。


rss2.0        [Valid RSS 2.0]

rss1.0        [Valid RSS 1.0]

atom1.0     [Valid Atom 1.0]

atom0.3

takeshi3017のブログ rssチビアイコン
放置なのか更新中なのかはっきりしない。


草むら@永福町に行った
小さい時間アイコン 2022/06/22 10:29:27

こんにちは。先週、杉並区は永福町にある老舗ラーメン店草むらに行った。永福町のラーメンと聞いて有名なのは大勝軒という店だろう。 従兄弟にあたる故草村...


大山家@武蔵境に行った
小さい時間アイコン 2022/05/25 17:28:41

こんにちは。昨日、友人と武蔵境にある大山家というラーメン屋に行った。これでこの店に来るのは2回目。 どういうラーメンかというといわゆる家系ラーメン...


青葉@吉祥寺に行った
小さい時間アイコン 2022/01/18 20:14:36

2022年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、もう結構前の事なのだが1月1日に吉祥寺の青葉というラーメン屋に行った。中野の青葉...


マリトッツォ
小さい時間アイコン 2021/08/31 21:24:05

今話題のマリトッツォがファミマに売ってたので買ってみた。正式名称はクリームシフォン マリトッツォ風。  「話題のマリトッツォをイメージし...


紫陽花
小さい時間アイコン 2021/06/30 21:13:24

6月も終わり。梅雨という事で紫陽花の写真。家の近所に咲いていたものをパチッてみました。    下の2枚はあまり紫陽花...


二代目 げんこつ屋@阿佐ヶ谷に行った
小さい時間アイコン 2021/03/09 17:39:27

もう先月のことになるのだが阿佐ヶ谷にある「二代目 げんこつ屋」に行った。初代のげんこつ屋は家の近くの新高円寺にあって小中学生の頃によく食べに行っていた。&n...


ステーキマックス@新宿に行った
小さい時間アイコン 2021/01/26 01:04:54

どうもこんにちは。この前の1月17日、新宿で友人と遊んだのだが、その時友人が前から入りたかったお店というのに入った。 ガッツリ系の肉料理が食べたい...


はぐれ雲@後楽園に行った3
小さい時間アイコン 2021/01/02 00:32:11

新年あけましておめでとうございます。去年はコロナ禍で世界中大変でしたね。今年こそ少しでも良い年にしたいよね。 さて、昨年12月末に後楽園にあるはぐ...


1日遅れのメリークリスマス
小さい時間アイコン 2020/12/26 17:39:53

こんにちは。昨日がクリスマスだったんですけどいちんち遅れでクリスマス更新。なぜ遅れたかというと昨日はネットに繋がる環境がなくって。なので今日祝います。メリー...


はぐれ雲@後楽園に行った2
小さい時間アイコン 2020/10/17 18:35:52

もう先月末の事なのだが後楽園の祖父の墓参りに行った。その帰り、「はぐれ雲」というラーメン屋に入った。前回の墓参りにもよった店だ。(詳しくは前回の記事参照。)...


船戸与一(19) 山崎圭一(3) マークグリーニー(3) 山本博文(2) 相澤理(5) 司馬遼太郎(4) ジェフリーディーヴァー(3) 劉慈欣(3) 夏目漱石(8) 東野圭吾(10) 高杉良(3) 大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編)(22) 真山仁(11) 今野敏(5) 大沢在昌(3) 半藤一利(5) 江上剛(3) 高村薫(6) 相場英雄(2) 黒川博行(12) 渡部昇一(12) ウィリアム・H・マクニール(5) 野澤道生(2) 後藤武士(11) 石川晶康(監修)/造事務所(編著)(2) 石黒拡親(4) 鶴岡聡(2) 村上春樹(6) 沼田まほかる(2) 河合敦(7) 本郷和人(3) 野島博之(2) 中島岳志(4) ユヴァルノアハラリ(2) 宮部みゆき(2) 石川晶康(2) 島田荘司(5) 竹内薫(2) 竹本健治(2) 雫井脩介(3) 綾辻行人(2) 楡周平(2) 佐々木譲(2) 貴志祐介(3) 

  1. 日本の歴史 1 神話から歴史へ (1PV)