羊をめぐる冒険

書名羊をめぐる冒険
作者村上春樹
出版社講談社
発売日1985/10/15
文庫上巻 245ページ 下巻 231ページ

[本の紹介](「BOOK」データベースより)

あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている二十一歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい<鼠>の手紙から、ある日羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉をひらいた村上春樹の代表作長編。

[評価]:★★★★★

この本をどう思いましたか?

気に入った! 投票数:
1
普通。 投票数:
0
つまらない! 投票数:
0


★★takeshi3017の書庫の更新情報★★

作品
作者
大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編)
更新
2021 年 1 月 16 日 土曜 18 時 11 分 36 秒
概要
アジアの中での日本という視点から日本の歴史を考え、その大きな流れを描き出す。日本史研究の成果・到達点を提示。古...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
船戸与一
更新
2021 年 1 月 16 日 土曜 18 時 08 分 06 秒
概要
軍事政権下のミャンマー山岳地帯に、二百万ドルを積んだヘリコプターが墜落した。同じ頃、脱獄した民主化運動の活動家...>>続き
評価
★★★
感想
面白い
作品
作者
船戸与一
更新
2021 年 1 月 16 日 土曜 18 時 07 分 50 秒
概要
大地の精霊たちの声が聴こえる。戦え、と。船戸与一が初めてベトナムを描いた、圧倒的長編小説!日本人有名歌手の誘拐...>>続き
評価
★★
感想
普通
作品
作者
黒川博行
更新
2021 年 1 月 16 日 土曜 18 時 07 分 34 秒
概要
有名彫刻家に嫁いだ姉の家を訪ねた、美大生・美和と友人・冴子。そこで瀕死の状態の姉・雅子を発見する。病院に運ばれ...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
黒川博行
更新
2021 年 1 月 16 日 土曜 18 時 07 分 22 秒
概要
四月一日午前十一時半、三協銀行新大阪支店に強盗が侵入。四百万円を奪い、客の一人をピストルで撃った後、彼を人質に...>>続き
評価
★★
感想
普通
2013年個人的1位

コフィン・ダンサー

ジェフリーディーヴァー: 著
文藝春秋: 刊

リンカーンライムシリーズの2作目。1作目も凄いがさらに磨きがかかっている。
2013年個人的2位

リヴァトン館

ケイトモートン: 著
武田ランダムハウスジャパン: 刊

第一次大戦に前後した時代のイギリスの上流階級を舞台にした小説。流麗な文章と驚きの結末。
2013年個人的3位

悪の教典

貴志祐介: 著
文藝春秋: 刊

サイコ・ホラーに分類される本だと思う。2011年版このミスでは1位を獲得している。読者をぐいぐい引っ張っていく文章力が凄い。
2013年個人的4位

震える牛

相場英雄: 著
小学館: 刊

「平成の砂の器」というコピーはちょっと大げさだけど社会派ミステリー好きなら一読の価値あり。
2013年個人的5位

空飛ぶタイヤ

池井戸潤: 著
講談社: 刊

こちらも社会派。池井戸さんと言えば本年(2013年)に「半沢直樹」が大ブレイクしましたな。

コメントをどうぞ。(max=15)書き込めない時

名前:
mail(非公開):
url:
コメント:

このHomePageのタイトルに含まれている4桁の数字を半角で入力してください。:
※必須

CAPTCHA Image


画像の半角英数字を入力してください。

画像認証: ※必須

[画像変更]





あなたの好きな作家

あなたが一番好きな作家を教えてください。
作家名を追加する場合「項目を追加する場合」を押してください。
投票は一人につき一回にして下さい。


有効投票数: 4 件
選択順位著者名投票数
1帚木蓬正1
25.0%
1ジャック・ケッチャム1
25.0%
1綾辻行人1
25.0%
1村上春樹1
25.0%







小説

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)
★★★★★
猫鳴り(沼田まほかる)
★★
西郷どん!(林真理子)
★★★★
羊をめぐる冒険(村上春樹)
★★★★★

文学賞受賞

QED 百人一首の呪(高田崇史)

羊をめぐる冒険(村上春樹)
★★★★★
ブラック・フラッグス(ジョビーウォリック)
★★★
蜩ノ記(葉室麟)
★★

文学

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)
★★★★★
倫敦塔・幻影の盾(夏目漱石)

羊をめぐる冒険(村上春樹)
★★★★★
1973年のピンボール(村上春樹)
★★★★


全タグ: 小説(98)本格ミステリ(94)翻訳ミステリ(50)文学賞受賞(74)歴史・時代小説(23)経済小説(27)歴史(76)ノンフィクション(17)思想(36)ホラー・SF(76)冒険小説(67)ハードボイルド(111)警察小説(55)短編集(97)古典(29)文学(54)ミステリ(125)教養/学習(82)海外(69)面白い(135)つまらない(120)読みやすい(125)リアリティがある(85)難解さ(36)エンタメ(78)読後感が良い(20)読後感が悪い(43)理系(11)熱いアクション(84)ビックリ驚愕(64)社会派(50)エログロ(51)


感想などありましたらどうぞ。
以下のフォームより入力のうえ送信してください。
は必須事項です。

お名前:


性別:
男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

あなたのサイト:


返信 :


文字認証:
半角で3017と入力してください。


takeshi3017のブログ
放置なのか更新中なのかはっきりしない。


はぐれ雲@後楽園に行った3
2021/01/02 00:32:11

新年あけましておめでとうございます。去年はコロナ禍で世界中大変でしたね。今年こそ少しでも良い年にしたいよね。 さて、昨年12月末に後楽園にあるはぐ...


1日遅れのメリークリスマス
2020/12/26 17:39:53

こんにちは。昨日がクリスマスだったんですけどいちんち遅れでクリスマス更新。なぜ遅れたかというと昨日はネットに繋がる環境がなくって。なので今日祝います。メリー...


はぐれ雲@後楽園に行った2
2020/10/17 18:35:52

もう先月末の事なのだが後楽園の祖父の墓参りに行った。その帰り、「はぐれ雲」というラーメン屋に入った。前回の墓参りにもよった店だ。(詳しくは前回の記事参照。)...


東京23区内の図書館 及び利用条件について
2020/08/23 00:15:50

こんにちは。自分は読書が趣味でよく図書館を利用するんだが、東京23区内の図書館は結構誰でも借りられる。 そういう事で自分用メモとして一応残しておく...


幡ヶ谷 心やに行った
2020/06/25 22:41:06

もうかれこれ3か月位前になるが幡ヶ谷の心やというラーメン屋に友人と行った。コロナで自粛自粛言われてて結構周囲の目がこういう飲食店に行かせるのをためらわせる位...


lolipopにおけるphp7.4の設定
2020/05/19 21:43:26

lolipopでPHPを使うときのメモphpのバージョンは7.4(CGI版).htaccessにAddHandler php7.4-script htmlと...


はぐれ雲@後楽園に行った
2020/03/22 19:31:08

こんにちは。本日はお彼岸という事で祖父の墓参りに行った。祖父のお墓は後楽園にある。 その帰り、近くのラーメン屋に入った。「はぐれ雲」というラーメン...


GoogleAnalyticsの「サービスプロバイダ」と「ネットワークドメイン」が廃止に
2020/02/11 18:14:59

こんにちは。2020年2月4日を最後にGoogleAnalyticsのネットワークドメインとサービスプロバイダがどちらも(not set)としか表示されなく...


三田製麺所に行った
2020/01/19 23:08:57

もう一週間ほど前になるが中野の三田製麺所というラーメン屋に行った。 友人と二人で行ったのだが二人とも「背脂つけ麺」を頼む。この「背脂つけ麺」は三田...


闘牛脂 濃厚牛まぜそば を食べた
2019/11/17 12:33:25

最近ハマっているカップ麺。これ。明星の出しているまぜそば「闘牛脂」。東京北千住にある牛骨らーめんで有名な「マタドール」が不定期に同店で展開するまぜそば専門店...


船戸与一(10) 黒川博行(14) 渡部昇一(12) ウィリアム・H・マクニール(5) 相澤理(4) 野澤道生(2) 後藤武士(11) 石川晶康(監修)/造事務所(編著)(2) 石黒拡親(4) 鶴岡聡(2) 村上春樹(6) 夏目漱石(4) 恒川光太郎(7) 津本陽(2) 沼田まほかる(2) 河合敦(7) 本郷和人(3) 野島博之(2) 高杉良(2) 中島岳志(4) 真山仁(9) ユヴァルノアハラリ(2) 宮部みゆき(2) 石川晶康(2) 島田荘司(5) 半藤一利(4) 百田尚樹(2) 今野敏(5) 司馬遼太郎(3) マークグリーニー(4) 池井戸潤(4) ジェフリーディーヴァー(2) 東野圭吾(12) 高村薫(5) 竹内薫(2) 竹本健治(2) 真保裕一(2) 雫井脩介(3) 大沢在昌(5) 綾辻行人(6) 貫井徳郎(2) 楡周平(4) 佐々木譲(3) 貴志祐介(4) 稲葉振一郎(2) 誉田哲也(2) 白石一文(3) 伊坂幸太郎(3) 横山秀夫(2) 泡坂妻夫(3) 

  1. 兎の眼 (4PV)
  2. 律令国家と隋唐文明 (4PV)
  3. 岩波講座 日本歴史 第1巻 (4PV)
  4. 離れ折紙 (3PV)
  5. 聖女の救済 (2PV)
  6. 太陽を曳く馬 (2PV)
  7. 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (2PV)
  8. 当確師 (2PV)
  9. 落英 (2PV)
  10. 新リア王 (1PV)