カササギ殺人事件

書名カササギ殺人事件
作者アンソニーホロヴィッツ
出版社東京創元社
発売日2018/9/28
文庫上巻 360ページ 下巻 382ページ

[本の紹介](「BOOK」データベースより)

名探偵アティカス・ピュントのシリーズ最新作『カササギ殺人事件』の原稿を結末部分まで読んだ編集者のわたしは、あまりのことに激怒する。ミステリを読んでいて、こんなに腹立たしいことってある?原因を突きとめられず、さらに憤りを募らせるわたしを待っていたのは、予想もしない事態だった―。ミステリ界のトップランナーが贈る、全ミステリファンへの最高のプレゼント!

[評価]:★★★★

この本をどう思いましたか?

良い 投票数:
0
普通 投票数:
0
ダメ 投票数:
0

takeshi3017の書庫の更新情報

作品
作者
マークグリーニー
更新
2021 年 11 月 30 日 火曜 16 時 16 分 00 秒
概要
“グレイマン(人目につかない男)”と呼ばれる暗殺者ジェントリーは、かつてCIA特殊活動部で極秘任務を遂行してい...>>続き
評価
★★★
感想
面白い
作品
作者
ジェフリーディーヴァー
更新
2021 年 11 月 23 日 火曜 18 時 39 分 00 秒
概要
科学捜査の天才リンカーン・ライムのいとこアーサーが殺人の罪で逮捕された。自分はやっていない、とアーサーは主張す...>>続き
評価
★★★★
感想
かなり面白い
作品
作者
劉慈欣
更新
2021 年 11 月 16 日 火曜 18 時 04 分 00 秒
概要
圧倒的な技術力を持つ異星文明・三体世界の太陽系侵略に対抗すべく立案された地球文明の切り札「面壁計画」。その背後...>>続き
評価
★★★★
感想
かなり面白い
作品
作者
夏目漱石
更新
2021 年 11 月 6 日 土曜 16 時 39 分 00 秒
概要
野分とは秋から冬にかけて吹く暴風や台風のこと。「白井道也は文学者である」と始まるこの小説は、野分の烈しい風にた...>>続き
評価
★★★
感想
面白い
作品
作者
ジェフリーディーヴァー
更新
2021 年 11 月 3 日 水曜 13 時 00 分 50 秒
概要
“ウォッチメイカー”と名乗る殺人者あらわる。手口は残忍で、いずれの現場にもアンティークの時計が残されていた。や...>>続き
評価
★★★★★
感想
最高!

コメント

コメントをどうぞ。(max=15)書き込めない時

名前:
mail(非公開):
url:
コメント:

半角で3017と入力してください。:
※必須

画像の英数字を半角で入力してください。:


※必須

この本についたタグ

翻訳ミステリ

暗殺者の反撃(マークグリーニー)
★★★
ソウル・コレクター(ジェフリーディーヴァー)
★★★★
ウォッチメイカー(ジェフリーディーヴァー)
★★★★★
カササギ殺人事件(アンソニーホロヴィッツ)
★★★★
ミステリ

麒麟の翼(東野圭吾)
★★
新参者(東野圭吾)
★★★
神の火(高村薫)
★★
ガラパゴス(相場英雄)
★★★

あなたの好きな作家

あなたが一番好きな作家を教えてください。
作家名を追加する場合「項目を追加する場合」を押してください。
投票をする場合、「選択」ボタンで選んで投票ボタンを押してください。
投票は一人につき一回にして下さい。
なおは必須項目です。
投票期間:2020/5/28~過去ログ

有効投票数: 9 件
選択順位著者名投票数
1米澤穂信2
22.2%
[一言]:
2帚木蓬正1
11.1%
[一言]:
2ジャック・ケッチャム1
11.1%
[一言]:
2綾辻行人1
11.1%
[一言]:
2村上春樹1
11.1%
[一言]:
2宮部みゆき1
11.1%
[一言]:
2恒川光太郎1
11.1%
[一言]:
2町田康1
11.1%
[一言]:
投票用コメント(一言あれば!):

半角で3017と入力してください。:
※必須

※必須



各年のbest5

2017年個人的1位

病巣

江上剛: 著
朝日新聞出版: 刊

一連の東芝に関する事件から着想を得たノンフィクションに近いフィクション。
2017年個人的2位

米中もし戦わば

ピーターナヴァロ: 著
文藝春秋: 刊

成長する中国、停滞するアメリカ。いずれ、両国の力関係は逆転するのか?米中戦争の危険性に迫る本。
2017年個人的3位

鍵のかかった部屋

貴志祐介: 著
KADOKAWA: 刊

防犯探偵シリーズ第3弾!表題作の「鍵のかかった部屋」のトリックは素晴らしい。
2017年個人的4位

菜の花の沖

司馬遼太郎: 著
文藝春秋: 刊

廻船問屋高田屋嘉兵衛の生涯を描いた作品。初司馬遼作品だったが思ったより面白かった。
2017年個人的5位

樹海戦線

J・C・ポロック: 著
早川書房: 刊

J・C・ポロックの代表作。冷戦時代の本だが今読んでも全然色あせてない。

よく読まれている作家

船戸与一 38冊  30%
黒川博行 26冊  20%
東野圭吾 23冊  18%
大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編) 22冊  17%
大沢在昌 18冊  14%


感想などありましたらどうぞ。
以下のフォームより入力のうえ送信してください。
は必須事項です。

お名前:


性別:
男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

あなたのサイト:


返信 :


文字認証:
半角で3017と入力してください。


takeshi3017のブログ
放置なのか更新中なのかはっきりしない。


マトリッツォ
2021/08/31 21:24:05

今話題のマトリッツォがファミマに売ってたので買ってみた。正式名称はクリームシフォン マトリッツォ風。  「話題のマトリッツォをイメージし...


紫陽花
2021/06/30 21:13:24

6月も終わり。梅雨という事で紫陽花の写真。家の近所に咲いていたものをパチッてみました。    下の2枚はあまり紫陽花...


二代目 げんこつ屋@阿佐ヶ谷に行った
2021/03/09 17:39:27

もう先月のことになるのだが阿佐ヶ谷にある「二代目 げんこつ屋」に行った。初代のげんこつ屋は家の近くの新高円寺にあって小中学生の頃によく食べに行っていた。&n...


ステーキマックス@新宿に行った
2021/01/26 01:04:54

どうもこんにちは。この前の1月17日、新宿で友人と遊んだのだが、その時友人が前から入りたかったお店というのに入った。 ガッツリ系の肉料理が食べたい...


はぐれ雲@後楽園に行った3
2021/01/02 00:32:11

新年あけましておめでとうございます。去年はコロナ禍で世界中大変でしたね。今年こそ少しでも良い年にしたいよね。 さて、昨年12月末に後楽園にあるはぐ...


1日遅れのメリークリスマス
2020/12/26 17:39:53

こんにちは。昨日がクリスマスだったんですけどいちんち遅れでクリスマス更新。なぜ遅れたかというと昨日はネットに繋がる環境がなくって。なので今日祝います。メリー...


はぐれ雲@後楽園に行った2
2020/10/17 18:35:52

もう先月末の事なのだが後楽園の祖父の墓参りに行った。その帰り、「はぐれ雲」というラーメン屋に入った。前回の墓参りにもよった店だ。(詳しくは前回の記事参照。)...


東京23区内の図書館 及び利用条件について
2020/08/23 00:15:50

こんにちは。自分は読書が趣味でよく図書館を利用するんだが、東京23区内の図書館は結構誰でも借りられる。 そういう事で自分用メモとして一応残しておく...


幡ヶ谷 心やに行った
2020/06/25 22:41:06

もうかれこれ3か月位前になるが幡ヶ谷の心やというラーメン屋に友人と行った。コロナで自粛自粛言われてて結構周囲の目がこういう飲食店に行かせるのをためらわせる位...


lolipopにおけるphp7.4の設定
2020/05/19 21:43:26

lolipopでPHPを使うときのメモphpのバージョンは7.4(CGI版).htaccessにAddHandler php7.4-script htmlと...


マークグリーニー(4) ジェフリーディーヴァー(4) 劉慈欣(3) 夏目漱石(8) 東野圭吾(10) 高杉良(3) 大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編)(22) 真山仁(11) 今野敏(5) 大沢在昌(5) 山崎圭一(2) 半藤一利(5) 江上剛(3) 高村薫(6) 相場英雄(2) 船戸与一(10) 黒川博行(12) 渡部昇一(12) ウィリアム・H・マクニール(5) 相澤理(4) 野澤道生(2) 後藤武士(11) 石川晶康(監修)/造事務所(編著)(2) 石黒拡親(4) 鶴岡聡(2) 村上春樹(6) 恒川光太郎(4) 沼田まほかる(2) 河合敦(7) 本郷和人(3) 野島博之(2) 中島岳志(4) ユヴァルノアハラリ(2) 宮部みゆき(2) 石川晶康(2) 島田荘司(5) 百田尚樹(2) 司馬遼太郎(3) 竹内薫(2) 竹本健治(2) 雫井脩介(3) 綾辻行人(2) 楡周平(2) 佐々木譲(2) 貴志祐介(3) 稲葉振一郎(2) 

  1. 三体3 死神永生 (2PV)
  2. 麒麟の翼 (2PV)
  3. 岩波講座 日本歴史 第22巻 (1PV)
  4. 岩波講座 日本歴史 第22巻 (1PV)
  5. それから (1PV)