四文字でわかる日本史

書名四文字でわかる日本史
作者石川晶康(監修)/造事務所(編著)
出版社KADOKAWA
発売日2013/3/25
文庫253ページ

[本の紹介](「BOOK」データベースより)

「大宝律令」「摂関政治」「黒船来航」「廃藩置県」―誰もが一度は目にしたことのある「漢字四文字」で、日本史をスッキリ解説!「天孫降臨」にはじまる神話の時代から、第二次大戦後の「主権回復」まで、各時代を象徴する80のキーワードを厳選。背景にある社会情勢や時代に及ぼした影響とともに、その単語の本当の意味を読み解いていく。受験に、大人の学び直しに、歴史の流れが楽しくスピーディにわかる日本史特講。

[評価]:

この本をどう思いましたか?

良い 投票数:
0
普通 投票数:
0
ダメ 投票数:
0


関連ページ:
さかのぼってよくわかる日本の現代史
石川晶康(監修)/造事務所(編著)
★★★


takeshi3017の書庫の更新情報

作品
作者
石戸谷滋/真鍋照雄
更新
2022 年 8 月 16 日 火曜 17 時 24 分 36 秒
概要
“どうして動詞の三人称単数現在形にはsがつくのですか?”や“英語であいづちはどのように打てばいいのですか?”か...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
横山秀夫
更新
2022 年 8 月 10 日 水曜 13 時 27 分 14 秒
概要
横山ミステリー史上最も美しい謎。熱く込み上げる感動。一家はどこへ消えたのか?空虚な家になぜ一脚の椅子だけが残さ...>>続き
評価
★★★★★
感想
最高!
作品
作者
柚月裕子
更新
2022 年 8 月 6 日 土曜 17 時 03 分 18 秒
概要
昭和六十三年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力...>>続き
評価
★★★★
感想
かなり面白い
作品
作者
永原慶二
更新
2022 年 7 月 31 日 日曜 17 時 01 分 27 秒
概要
守護大名の将軍殺害にはじまり、応仁・文明の大乱、山城の国一揆にいたるこの時代は、西欧のルネサンスと宗教改革に比...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
江上剛
更新
2022 年 7 月 20 日 水曜 03 時 49 分 06 秒
概要
十倉雅和氏(経団連会長・住友化学会長)、絶賛!「住友の事業精神の原点は、ここにあった」煙害問題の解決、企業の利...>>続き
評価
★★
感想
普通

コメント

コメントをどうぞ。(max=15)書き込めない時
名前:
mail(非公開):
url:
コメント:

半角で3017と入力してください。:
※必須

画像の英数字を半角で入力してください。:


※必須

この本についたタグ

あなたの好きな作家

あなたが一番好きな作家を教えてください。
作家名を追加する場合「項目を追加する場合」を押してください。
投票をする場合、「選択」ボタンで選んで投票ボタンを押してください。
投票は一人につき一回にして下さい。
なお※必須は必須項目です。
投票期間:2020/5/28~過去ログ

有効投票数: 9 件
選択順位著者名投票数
1米澤穂信2
22.2%
[一言]:
2帚木蓬正1
11.1%
[一言]:
2ジャック・ケッチャム1
11.1%
[一言]:
2綾辻行人1
11.1%
[一言]:
2村上春樹1
11.1%
[一言]:
2宮部みゆき1
11.1%
[一言]:
2恒川光太郎1
11.1%
[一言]:
2町田康1
11.1%
[一言]:
投票用コメント(一言あれば!):

半角で3017と入力してください。:
※必須

※必須



各年のbest5

各年のbest5画像
2020年個人的1位

グリード

真山仁: 著
講談社: 刊

「ハゲタカ」シリーズ第四弾。リーマンショックという現実のメガクライシスを描いた小説は初めて読んだ。買収の本場アメリカで暴れまわる鷲津の活躍は面白く読めた。
各年のbest5画像
2020年個人的2位

1973年のピンボール

村上春樹: 著
講談社: 刊

80年代の文学を拓き現在も斯界に名を馳せる村上春樹の青春3部作のうちの2作目。1作目に比べるとずいぶんとしっかりした文章になっていると思った。「僕」と「鼠」のその後については次作を読まねばならないが。
各年のbest5画像
2020年個人的3位

タックスヘイヴン

橘玲: 著
幻冬舎: 刊

日本、そしてシンガポールをまたにかけた国際金融情報小説。東南アジアでもっとも成功した金融マネージャーの死と共に消えた1000億を追ううち見え隠れする政治家とヤクザ、仕手株集団、といった闇の勢力…。
各年のbest5画像
2020年個人的4位

離れ折紙

黒川博行: 著
文藝春秋: 刊

黒川氏の「かくし芸」でもある古美術モノ。同じようなテーマの「文福茶釜」、「蒼煌」もおススメ。作中に出てくる「桃燕堂如斎」といったような絵師等は架空の人物だが、モデルとなった人はいるらしい。
各年のbest5画像
2020年個人的5位

蝉しぐれ

藤沢周平: 著
文藝春秋: 刊

藤沢作品ではなじみの深い海坂藩で、一人の少年藩士が大人になるまでの淡い恋・友人達との成長・苦労・政争等様々な要素を豊かな文章力で描き出した作品。「良い本に巡りあえた」と素直に思える一冊。

よく読まれている作家

船戸与一 47冊  35%
黒川博行 26冊  19%
東野圭吾 23冊  17%
大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編) 22冊  16%
大沢在昌 18冊  13%


prof画像

感想などありましたらどうぞ。
以下のフォームより入力のうえ送信してください。
は必須事項です。

お名前:


性別:
男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

あなたのサイト:


返信 :


文字認証:
半角で3017と入力してください。


rss2.0        [Valid RSS 2.0]

rss1.0        [Valid RSS 1.0]

atom1.0     [Valid Atom 1.0]

atom0.3

takeshi3017のブログ rssチビアイコン
放置なのか更新中なのかはっきりしない。


草むら@永福町に行った
小さい時間アイコン 2022/06/22 10:29:27

こんにちは。先週、杉並区は永福町にある老舗ラーメン店草むらに行った。永福町のラーメンと聞いて有名なのは大勝軒という店だろう。 従兄弟にあたる故草村...


大山家@武蔵境に行った
小さい時間アイコン 2022/05/25 17:28:41

こんにちは。昨日、友人と武蔵境にある大山家というラーメン屋に行った。これでこの店に来るのは2回目。 どういうラーメンかというといわゆる家系ラーメン...


青葉@吉祥寺に行った
小さい時間アイコン 2022/01/18 20:14:36

2022年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、もう結構前の事なのだが1月1日に吉祥寺の青葉というラーメン屋に行った。中野の青葉...


マリトッツォ
小さい時間アイコン 2021/08/31 21:24:05

今話題のマリトッツォがファミマに売ってたので買ってみた。正式名称はクリームシフォン マリトッツォ風。  「話題のマリトッツォをイメージし...


紫陽花
小さい時間アイコン 2021/06/30 21:13:24

6月も終わり。梅雨という事で紫陽花の写真。家の近所に咲いていたものをパチッてみました。    下の2枚はあまり紫陽花...


二代目 げんこつ屋@阿佐ヶ谷に行った
小さい時間アイコン 2021/03/09 17:39:27

もう先月のことになるのだが阿佐ヶ谷にある「二代目 げんこつ屋」に行った。初代のげんこつ屋は家の近くの新高円寺にあって小中学生の頃によく食べに行っていた。&n...


ステーキマックス@新宿に行った
小さい時間アイコン 2021/01/26 01:04:54

どうもこんにちは。この前の1月17日、新宿で友人と遊んだのだが、その時友人が前から入りたかったお店というのに入った。 ガッツリ系の肉料理が食べたい...


はぐれ雲@後楽園に行った3
小さい時間アイコン 2021/01/02 00:32:11

新年あけましておめでとうございます。去年はコロナ禍で世界中大変でしたね。今年こそ少しでも良い年にしたいよね。 さて、昨年12月末に後楽園にあるはぐ...


1日遅れのメリークリスマス
小さい時間アイコン 2020/12/26 17:39:53

こんにちは。昨日がクリスマスだったんですけどいちんち遅れでクリスマス更新。なぜ遅れたかというと昨日はネットに繋がる環境がなくって。なので今日祝います。メリー...


はぐれ雲@後楽園に行った2
小さい時間アイコン 2020/10/17 18:35:52

もう先月末の事なのだが後楽園の祖父の墓参りに行った。その帰り、「はぐれ雲」というラーメン屋に入った。前回の墓参りにもよった店だ。(詳しくは前回の記事参照。)...


江上剛(5) 船戸与一(19) 山崎圭一(3) マークグリーニー(3) 山本博文(2) 相澤理(5) 司馬遼太郎(4) ジェフリーディーヴァー(3) 劉慈欣(3) 夏目漱石(8) 東野圭吾(10) 高杉良(3) 大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編)(22) 真山仁(9) 今野敏(5) 大沢在昌(3) 半藤一利(5) 高村薫(6) 相場英雄(2) 黒川博行(12) 渡部昇一(12) ウィリアム・H・マクニール(5) 野澤道生(2) 後藤武士(11) 石川晶康(監修)/造事務所(編著)(2) 石黒拡親(4) 鶴岡聡(2) 村上春樹(6) 沼田まほかる(2) 河合敦(7) 本郷和人(3) 野島博之(2) 中島岳志(2) ユヴァルノアハラリ(2) 宮部みゆき(2) 石川晶康(2) 島田荘司(5) 竹内薫(2) 竹本健治(2) 雫井脩介(3) 綾辻行人(2) 楡周平(2) 佐々木譲(2) 貴志祐介(3) 

  1. 蝉しぐれ (2PV)
  2. 岩波講座 日本歴史 第1巻 (2PV)
  3. トロイの木馬 (2PV)
  4. 決定版・日本史 (1PV)
  5. 泥濘 (1PV)
  6. the four GAFA (1PV)
  7. 岩波講座 日本歴史 第15巻 (1PV)
  8. 一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書 (1PV)
  9. 暗約領域 新宿鮫11 (1PV)
  10. 日本の歴史 1 神話から歴史へ (1PV)
  11. 日本の歴史 6 武士の登場 (1PV)
  12. 日本の歴史 7 鎌倉幕府 (1PV)
  13. 孤狼の血 (1PV)