2009年のベスト5



2009年に読んだ本の個人的ベスト5です。
本が出版された年とは関係なく,2009年に僕が読んだ本の中でのランキングです。



順位
作品
感想
1位 儚い羊たちの祝宴 最後の一行の衝撃にやられた!短編集なのですぐ読める。中でも 「玉野五十鈴の誉れ」が良い。 詳細
2位 山魔の如き嗤うもの 三津田作品と初めて出会った年でもあった。ホラー風味とどんでん返しに続くどんでん返しが魅力。 詳細
3位 ゴールデンスランバー 言わずと知れた伊坂幸太郎の代表作。2009年度このミス1位で映画化もされた。 詳細
4位 首無の如き祟るもの 三津田作品の中では山魔よりトリックが凄く,世間的評価も首無が上なのだがある理由からこの順位に。 詳細
5位 背の目 道尾秀介の輝かしきデビュー作。話は結構凶悪。だが面白い。主人公の真備が京極堂に似ている。 詳細

2009年の全読了本はこちら


back
top