このサイトの解説。。








はじめに

このサイトって何?

このサイトは僕,takeshi3017が今までに読んできた本を記録したものです。ジャンルは主に国内のミステリーです。
それだけといっても過言ではありません(笑)。

本を探すときは?

本を探すときはmainからどうぞ。どんな作家が読まれてるか概要をざっと知りたい方はtagクラウドが参考になるかもしれません。

何冊くらいあるの?

の時点で301作家 747タイトル読了。
1作家平均 2.482タイトル読了しています。人に比べてかなり遅読の上、なかなか思うように時間が取れなかったりしてます。最近は一か月3作品行けばいい方です。

どんな本があるの?

ジャンルは主に国内のミステリーです。好きな作家は船戸与一、原りょう、黒川博行などなど。エンターテイメントに徹した作品が好みです。

評価について

本の評価は6段階

本の評価は,

つまらない
趣味に合わない
★★
普通
★★★
面白い
★★★★
かなり面白い
★★★★★
最高!

の6段階になっています。

好きか嫌いかが大きい

評価はあくまで個人的評価です。単純に好き嫌いで決めているのもあるので,そこらへんはご注意してください。 評価が低いからといって読む価値がないと言っているわけではありません。ただ、僕と同じ趣向の人であればオススメできる作品はありますよ、と言う事が言いたいと理解して下さって結構です。趣味が合わない方は評価を反対に見ていただければと思います。

本格ミステリについて

ミステリにも広義のミステリと狭義のミステリがあり、本格ミステリは狭義のミステリに入るなどの声を聞くときがたまにありますが、本格ミステリはあまり数を読んでおらずさほど好きでもないため、本格物の評価はやや辛くつけている傾向にあります。

バカミスについて

バカミスといわれる普通のミステリー小説でもありえないおバカなノリのミステリをたまに読むことがあります。これらの評価は人によって分かれると思いますが、個人的には小説というものの根幹をなすリアリティという要素が欠如していると思われるため、評価は低めにつけています。

その他について

文学作品,歴史小説,その他の分野,及び海外のミステリはなかなか手が出てないのが現状です。ジャンル別ページのその他カテゴリにはミステリー,ホラー,文学,歴史・時代小説以外のジャンルのものが全て入っています。例えばSF,ノンフィクション,歴史(小説ではない),経済小説などです。特に教養系=学問系の本は読んで勉強にもなるし大変面白いのですが、本サイトの趣旨はあくまでエンタメ系の本をおすすめする事にあると思うのでこれらの教養系の本の評価は低くつけています。

海外の作家について

海外作家の名前はラストネーム(姓に相当する部分)を五十音順に挙げたものです。(例)スティーブン・キング ⇒ キング(スティーブン)なのでカ行の作家になります。

タイトルが同じ本

数は少ないですがタイトルが同じ本があります。書名索引を見た時、同タイトルの本が並んでいる場合です。その場合、作者名で比較しあいうえお順に並べています。

相互リンクについて

相互リンク募集中!

当サイトでは相互リンクを募集しています。出来れば本に関するサイトがいいのですがそれ以外でも結構です。もし相互リンクしてもいいよと言う人がおられましたら掲示板の方にご一報下されば幸いです。よろしくおねがいします。

相互リンクしてくださったサイト様

本格ミステリびぎなーず
新・たこの感想文
文芸Webサーチ
ホームページ制作 運営 相談
相対性理論の検証

最後に

限られた時間の中で名作,傑作と呼べる本に何回もめぐり合うのはなかなか難しい事かもしれません。なので、 お互い無駄な時間を過ごすのを減らすためにもその本が当たりか外れか、このサイトを見て参考の一助にしていただければと思います。



top
/
main
/
blog
/
bbs




■更新情報




No.689
泥濘
著者:黒川博行
おすすめ度:★★





No.228
金門島流離譚
著者:船戸与一
おすすめ度:





No.570
硝子のハンマー
著者:貴志祐介
おすすめ度:★★★





No.452
プラナリア
著者:山本文緒
おすすめ度:★★★★





No.518
心に龍をちりばめて
著者:白石一文
おすすめ度:★★





No.134
極大射程
著者:ハンター(スティーヴン)
おすすめ度:★★★★★





No.141
黄昏綺譚
著者:高橋克彦
おすすめ度:





No.541
こころの情報学
著者:西垣通
おすすめ度:





No.611
ノルウェイの森
著者:村上春樹
おすすめ度:★★★★★





No.547
軍事学入門
著者:別宮暖朗
おすすめ度: