黒川博行のぺぇじ

既読:21作品   平均点:3.333  評価順並び替え|並び替えなし

星の分布

2
3
8
2
6
012345


後妻業

1.後妻業(黒川博行)評価 ★★★

読了日2020.2.4 か行

出版社文藝春秋  発売日2014/8/30
概要  「色で老人を喰う」裏稼業を描く戦慄の犯罪小説。妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、六十九歳の小夜子と同居しはじめるが、夏の暑い日に脳梗塞で倒れ、一命を取り留めるも重体に陥る。だか、裏で小夜子は結婚相談所を経営する前科持ちの男、柏木と結託していた。病院へ駆けつけた、耕造の娘である尚子、朋美は、小夜子の本性を次第に知ることとなる―。結婚相談所の男と、結婚したパートナーと死別を繰り返す女につきまとう黒い疑惑。恐るべき"後妻業"の手口と実態。
#リアリティがある 
果鋭

2.果鋭(黒川博行)評価 ★★★

読了日2020.1.29 か行

出版社幻冬舎  発売日2017/3/15
概要  堀内信也、40歳。元々は大阪府警の刑事だが、恐喝が監察にばれて依願退職。不動産業界に拾われるも、暴力団と揉めて腹と尻を刺され、生死の境をさまよった。左下肢の障害が残り、歩行に杖が欠かせなくなる。シノギはなくなり、女にも逃げられる…。救ったのは府警時代の相棒、伊達誠一。伊達は脅迫を受けたパチンコホールのオーナーを助けるため、堀内に協力を求めてきた。パチンコ業界―。そこには暴力団、警察も入り乱れ、私腹を肥やそうとする輩がうごめいていた。堀内は己の再生も賭け、伊達とともに危険に身をさらしながら切り込んでいく。ワルでタフなふたりがクズどもを蹴散らす痛快悪漢小説!
#ハードボイルド 
泥濘

3.泥濘(黒川博行)評価 ★★

読了日2020.1.22 か行

出版社文藝春秋  発売日2018/6/30
概要  老人ホームにオレオレ詐欺。老人を食い物にする警察官OBグループのシノギを、二蝶会への復帰が叶った桑原と二宮の疫病神コンビはマトにかける。しかし二宮は拉致され桑原は銃撃を受け心肺停止に。予測不能なドンデン返しにつぐドンデン返し。絶体絶命の二人を待つ運命は?
#ハードボイルド #リアリティがある 
喧嘩

4.喧嘩(黒川博行)評価 ★★★

読了日2019.11.18 か行

出版社KADOKAWA  発売日2016/12/9
概要  「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を持ち込む相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きく―。腐りきった議員秘書と極道が貪り食う巨大利権を狙い、代紋のない丸腰の桑原と二宮の「疫病神」コンビ再び。
#ハードボイルド #面白い 
勁草

5.勁草(黒川博行)評価 ★★

読了日2017.1.15 か行

出版社徳間書店  発売日2015/6/30
概要  橋岡は「名簿屋」の高城に雇われていた。名簿屋とはオレオレ詐欺の標的リストを作る裏稼業だ。橋岡は被害者から金を受け取る「受け子」の手配も任されていた。騙し取った金の大半は高城に入る仕組みで、銀行口座には金がうなっているのだ。賭場で借金をつくった橋岡と矢代は高城に金の融通を迫るが…。一方で大阪府警特殊詐欺班の刑事たちも捜査に動き出していた。最新犯罪の手口を描き尽くす問題作!直木賞作家、迫真の犯罪サスペンス。
#ハードボイルド #つまらない #リアリティがある 
煙霞

6.煙霞(黒川博行)評価 ★★★★

読了日2016.2.22 か行

出版社文藝春秋  発売日2009/1/30
概要  大阪の私立晴峰女子高校では、理事長の酒井が学校法人を私物化していた。美術講師の熊谷と音楽教諭の菜穂子は、酒井に不正の証拠をつきつけ、理事長退任と教員の身分保障を求める計画に同僚から誘われる。交渉は成功したかに見えたが、その後酒井と愛人が失踪。ふたりの行方を追った熊谷と菜穂子は、交渉を隠れ蓑にした理事長の財産強奪計画に巻き込まれていく―。悪党たちが駆け回るノンストップ騙しあい小説。
#ハードボイルド #エンタメ #熱いアクション 
繚乱

7.繚乱(黒川博行)評価 ★★★★★

読了日2015.5.18 か行

出版社毎日新聞社  発売日2012/11/20
概要  見さらせ、ど腐れども。そのシノギ、おれらが奪(と)ったる―名作『悪果』の相棒、堀内、伊達が復活。ふたたび、大阪を縦横無尽に疾駆する。策略と暴力がからみあい、腐れのスパイラルはノンストップで奈落へ。黒川警察小説の、これぞ真骨頂!
#ハードボイルド #面白い #リアリティがある 
破門

8.破門(黒川博行)評価 ★★★★

読了日2014.7.4 か行

出版社KADOKAWA  発売日2014/1/31
概要  映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪した詐欺師を追い、邪魔なゴロツキふたりを病院送りにした桑原だったが、なんと相手は本家筋の構成員だった。組同士の込みあいに発展した修羅場で、ついに桑原も進退窮まり、生き残りを賭けた大勝負に出るが―!?疫病神コンビVS詐欺師VS本家筋。予想を裏切る展開の連続で悪党たちがシノギを削る大人気ハードボイルド・シリーズの最高到達点!!
#文学賞受賞 #ハードボイルド #エンタメ 
大博打

9.大博打(黒川博行)評価 ★★★

読了日2012.7.12 か行

出版社日本経済新聞社  発売日1991/12
概要  「な、なんやて、金が2トン!」「そう、爺さんの身代金は金塊2トンや」無茶苦茶な誘拐事件だった。身代金が金塊二トン(時価32億)。受け渡しはどうするのか、大阪府警は驚愕するが、犯行計画は緻密だった。大阪湾に繋留中の漁船に金塊を積み、オートジャイロをセットしろという。金塊を積み無人の漁船が闇をゆく。だが、奪取寸前、漁船は偶然にもタンカーと衝突炎上してしまう。万事休すと思いきや、犯人の真骨頂はここからだった。
#ハードボイルド #読みやすい #エンタメ 
螻蛄

10.螻蛄(黒川博行)評価 ★★★★★

読了日2009.11.18 か行

出版社新潮社  発売日2009/7
概要  「疫病神」コンビ、待望の復活。自称「建設コンサルタント」の二宮とイケイケヤクザの桑原は、五百万の信者を擁する伝法宗慧教寺派の宗宝『懐海聖人絵伝』をめぐるスキャンダルを嗅ぎつける。絵伝を金にしようと画策する二人を待ち受けるのは、巨大宗派の蜜に群がる悪党たち。最後に笑うのは一番の悪党か、羊の皮をかぶった狸・二宮か。巧妙な罠、逆転に次ぐ逆転、想像も及ばぬ金儲けの手法…ページをめくる手が止まらない、大人気シリーズの新たなる頂点。ノンストップ・ノワール・エンタテインメント。
#ハードボイルド #リアリティがある #エンタメ 






 1 / 3 ページ   1  2  3 
次のページ>





BACK TOP