武器が語る日本史

書名武器が語る日本史
作者兵頭二十八
出版社徳間書店
発売日2019/10/31
単行本245ページ

[本の紹介](「BOOK」データベースより)

歴史は戦争がつくった。―だから軍事から見れば歴史がよくわかる!中国で弓は、兵士の訓練を不要にする弩が主流であった。ところが日本では扱いの難しい大型の和弓が発達した。鏃も殺傷力を高める返しは平安末期には失われる。なぜ攻撃の道具も防御の装具も、日本独特になっていったのか?さらに疑問は続く…●なぜ日本の合戦では「投げ槍」は使われなかったのか…?●なぜ日本の「楯」はシンプルな板状なのか…?●なぜ日本の武士は顔の真正面を装甲しなかったのか…?●なぜ日本からは「銃剣」が発明されずに西欧人がさきがけたのか…?●日本の馬は、強かったのか、弱かったのか…?槍や楯の形状、騎兵の役割から火縄銃の性能、第二次世界大戦における戦車の配備展開など、運用面も含めて実証的に検証することで、日本史の隠された真実を浮き彫りにする。

[評価]:★★★

この本をどう思いましたか?

良い 投票数:
0
普通 投票数:
0
ダメ 投票数:
0

更新情報

作品
作者
坂野潤治
更新
2023 年 11 月 28 日 火曜 05 時 57 分 12 秒
概要
民政党議員だった斎藤隆夫の「粛軍演説」は、軍部批判・戦争批判の演説として有名である。つまり、輸出依存の資本家を...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
井上清
更新
2023 年 11 月 21 日 火曜 22 時 38 分 09 秒
概要
宮廷の政変にとどめるか、武力変革にふみきるか。息づまるような緊迫のうちに幕をあけ、民衆・官僚・士族三つ巴の葛藤...>>続き
評価

感想
いまいち
作品
作者
赤川次郎
更新
2023 年 11 月 5 日 日曜 13 時 27 分 12 秒
概要
体つきは優雅で上品、きりっとした顔立ちの三毛猫。手術で子宮をとったせいか、時々“物思い”にふける癖がある。だが...>>続き
評価
★★★★★
感想
最高!
作品
作者
半藤一利
更新
2023 年 10 月 28 日 土曜 22 時 09 分 53 秒
概要
昭和史を世界視点で見ると何が見えてくるのか?ヒトラーとスターリンとルーズベルトが動かした戦前日本の盲点とは?未...>>続き
評価
★★
感想
普通
作品
作者
坂野潤治
更新
2023 年 10 月 18 日 水曜 15 時 20 分 12 秒
概要
近代日本は、憲法にもとづく国家体制の確立と東アジアへの勢力拡張とを、ともにごく限られた期間のうちに成し遂げた。...>>続き
評価

感想
いまいち

コメント

コメントをどうぞ。なお※必須は必須項目です。(max=15)書き込めない時
名前:
mail(非公開):
url:
コメント: 0文字/全角600文字


新着コメントをメールで通知
新着記事をメールで受け取る

下の6文字を入力してください。

CAPTCHA Image

※必須


※必須

この本についたタグ

タグイメージ
軍事

軍事の日本史(本郷和人)

技術戦としての第二次世界大戦(兵頭二十八/別宮暖朗)

武器が語る日本史(兵頭二十八)
★★★
戦争の世界史(ウィリアム・H・マクニール)
★★
タグイメージ
リアリティがある

再生 続・金融腐蝕列島(高杉良)
★★★
呪縛 金融腐蝕列島2(高杉良)
★★★★
小説 金融庁(江上剛)
★★★★★
二度のお別れ(黒川博行)
★★

あなたの好きな作家

あなたが一番好きな作家を教えてください。
作家名を追加する場合「項目を追加する場合」を押してください。
投票をする場合、「選択」ボタンで選んで投票ボタンを押してください。
投票は一人につき一回にして下さい。
なお※必須は必須項目です。
投票期間:2020/5/28~過去ログ

有効投票数: 6 件
選択順位著者名投票数
1米澤穂信2
33.3%
[一言]:
2帚木蓬正1
16.7%
[一言]:
2ジャック・ケッチャム1
16.7%
[一言]:
2綾辻行人1
16.7%
[一言]:
2村上春樹1
16.7%
[一言]:
投票用コメント(一言あれば!):

下の6文字を入力してください。

CAPTCHA Image

※必須

※必須



各年のbest5

各年のbest5画像
2016年個人的1位

砂漠

伊坂幸太郎: 著
新潮社: 刊

鮮烈な感動、青春小説の新たな名作。大学生活がこんな面白かったら良かったのに。今のところ伊坂作品では一番好き。
各年のbest5画像
2016年個人的2位

ソウルケイジ

誉田哲也: 著
光文社: 刊

姫川シリーズ2作目。ストロベリーナイト同様、猟奇的な事件だが、真相を知ったときなんだか胸がいっぱいになった。読みやすくサクサクと進むのもこのシリーズの特徴。
各年のbest5画像
2016年個人的3位

俺たち花のバブル組

池井戸潤: 著
文藝春秋: 刊

半沢直樹シリーズ2作目。相変わらず痛快でスカッとする展開が気持ちよい。半沢、渡真利、近藤の絆を感じさせる場面が印象的。
各年のbest5画像
2016年個人的4位

暗殺者の鎮魂

マークグリーニー: 著
早川書房: 刊

グレイマンシリーズ3作目。メキシコが舞台となり、麻薬カルテルと戦う。絶望的な危機的状況が次々とグレイマンを襲うが、それを力業で乗り越える主人公が凄い。
各年のbest5画像
2016年個人的5位

煙霞

黒川博行: 著
文藝春秋: 刊

リストラ教師とホステスが大金巡っての騒動。賛否が分かれる作品だが僕は好き。WOWOWではドラマ版を放送していた。

よく読まれている作家

船戸与一 47冊  22%
黒川博行 27冊  13%
東野圭吾 23冊  11%
大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編) 22冊  10%
後藤武士 19冊  9%
大沢在昌 19冊  9%
米澤穂信 16冊  8%
夏目漱石 14冊  7%
道尾秀介 13冊  6%
真山仁 12冊  6%

全タグ

読書量の推移

Shareボタン

傍聞き
takeshi3017より (07/08):
書き込みありがとうご...>詳細

傍聞き
名無しさんより (07/08):
どのお話も一癖ありそ...>詳細

殺人鬼フジコの衝動
takeshi3017より (05/12):
またの書き込みお待ち...>詳細

殺人鬼フジコの衝動
takeshi3017より (05/12):
>ユニコーンさん書き...>詳細

殺人鬼フジコの衝動
ユニコーンより (05/11):
とてつもなーーーーー...>詳細

prof画像

感想などありましたらどうぞ。
以下のフォームより入力のうえ送信してください。
は必須事項です。

お名前:


性別:
男性 女性

E-mail :(半角英数)


タイトル :


メッセージ:


あなたが好きな本のジャンルは?:
ミステリ
文学
時代小説
SF
ホラー
エッセイ
雑誌
マンガ
ビジネス書
ラノベ
専門書
写真集

あなたのサイト:


返信 :


文字認証:
半角で3017と入力してください。


rss2.0        [Valid RSS 2.0]

rss1.0        [Valid RSS 1.0]

atom1.0     [Valid Atom 1.0]

atom0.3

takeshi3017のブログ rssチビアイコン
放置なのか更新中なのかはっきりしない。


黒トリュフポテトチップス
小さい時間アイコン 2023/09/07 23:23:50

こんにちは!久しぶりの更新です。前回煎酒の紹介をしてからまた随分時間がたってしまいました。 今回は最近はまっているお菓子を紹介します。これ!&nb...


江戸の調味料「煎酒」
小さい時間アイコン 2023/05/16 00:09:40

こんにちは!しばらく更新ていなかったblogですが気が付けば2023年ももうすぐ半年になってしまう。前回の投稿が2023年1月末だったのでかなり時間がたって...


七面鳥@高円寺に行った
小さい時間アイコン 2023/01/31 23:52:13

2023年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!! ……と、今年初投稿なので書いたがもう2月じゃん(笑)。 そし...


水原秋櫻子のサイン本
小さい時間アイコン 2022/12/03 20:23:24

こんにちは。最近ますます寒くなって冬らしい気候になってきましたね。さて、いつも食べものの話題ばかりなので今回は違った話題を。「古本」の話です・・・。&nbs...


馳走麺 狸穴@池袋に行った
小さい時間アイコン 2022/10/04 23:56:26

先日、友人から誘いを受けて遊びに行こうという事になった。場所は池袋。普段僕たちは新宿で遊ぶことが多いので池袋まで出張することは稀なのだが、、、なぜ?友人はラ...


直久@新宿に行った
小さい時間アイコン 2022/09/15 19:36:41

どうもこんにちは。一周間位前の話なんだけど新宿西口のエルタワーというビルの地下2Fの「直久」というラーメン屋に行った。 このエルタワー。高層ビルな...


草むら@永福町に行った
小さい時間アイコン 2022/06/22 10:29:27

こんにちは。先週、杉並区は永福町にある老舗ラーメン店草むらに行った。永福町のラーメンと聞いて有名なのは大勝軒という店だろう。 従兄弟にあたる故草村...


大山家@武蔵境に行った
小さい時間アイコン 2022/05/25 17:28:41

こんにちは。昨日、友人と武蔵境にある大山家というラーメン屋に行った。これでこの店に来るのは2回目。 どういうラーメンかというといわゆる家系ラーメン...


青葉@吉祥寺に行った
小さい時間アイコン 2022/01/18 20:14:36

2022年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、もう結構前の事なのだが1月1日に吉祥寺の青葉というラーメン屋に行った。中野の青葉...


マリトッツォ
小さい時間アイコン 2021/08/31 21:24:05

今話題のマリトッツォがファミマに売ってたので買ってみた。正式名称はクリームシフォン マリトッツォ風。  「話題のマリトッツォをイメージし...


坂野潤治(3) 半藤一利(7) 後藤武士(19) 米澤穂信(2) 真山仁(9) 本郷和人(7) 島田荘司(3) 大沢在昌(3) 河合敦(8) 黒川博行(10) マークグリーニー(4) ジェフリーディーヴァー(4) 高杉良(4) 石戸谷滋/真鍋照雄(3) 江上剛(4) 船戸与一(19) 山崎圭一(3) 山本博文(2) 相澤理(5) 司馬遼太郎(3) 劉慈欣(3) 夏目漱石(7) 東野圭吾(5) 大津透(編)/桜井英治(編)/藤井讓治(編)/吉田裕(編)/李成市(編)(22) 今野敏(5) 高村薫(3) 相場英雄(2) 渡部昇一(12) ウィリアム・H・マクニール(5) 野澤道生(2) 石川晶康(監修)/造事務所(編著)(2) 石黒拡親(4) 鶴岡聡(2) 村上春樹(6) 沼田まほかる(2) 野島博之(2) 中島岳志(2) ユヴァルノアハラリ(2) 宮部みゆき(2) 石川晶康(2) 竹内薫(2) 

  1. 奈良時代(1PV)
  2. 科学捜査ケースファイル(1PV)
  3. 小さな大世界史(1PV)